人気ブログランキング |

昨日、神楽坂で・・

kgrzk.exblog.jp
ブログトップ

タグ:袋町 ( 9 ) タグの人気記事

日本出版クラブ会館

a0292705_2111898.jpg
日本出版クラブ会館です。特別な用事が無い限りこの会館に訪れる機会はないだろうなぁ、と思っていたんですが・・。ひょんな事から、とあるイベントに参加いたしまして訪問する事ができました。

そのイベントとは「新鋭短歌シリーズの出版記念会」でして、才能のある若い歌人の生の声を聞く事ができました。木下龍也、掘合昇平、岸原さや、田中ましろなど。短歌、面白いですね。一行で人を唸らす言葉に魅力を感じます。

また、ここは「拝啓、父上様」でもおひきぞめの新年会が行われたと登場しました。

レストラン「ローズルーム」はいつでも利用でき美味しいらしいので、また訪れたいです。
大きなイチョウの木が目印です。



by kagurazaka-m | 2013-12-14 18:30 | 大学・記念館・宿

ゆくりな

a0292705_2014122.jpgまたまた新しいお店を見つけました。

こんな発見も私の神楽坂散歩が場数を踏んできた賜物でしょう。と思います。

地蔵坂のカーブの角にアクセサリーやハンドメイド小物、手作り服・陶器などなどのセレクトショップが出来ていました。

ここも良い場所だなー。

アクセサリーのセールをしていたので、ついつい購入。ここも少し年配向けな感じ。ま、誰を基準にしてるかってもちろん私だけど。もう決して若者ではないけど、まだおばさんじゃないと思いたいぐらいの年齢です。



by kagurazaka-m | 2013-04-16 18:30 | 雑貨店・器・和装小物

袋町で火事がありました

昨日、神楽坂で大きな火事がありました。

以下、日テレニュースより------------
12日、東京・新宿区の住宅などが密集する地域で、アパートなどが燃える火事があり、1人が死亡、1人がケガをした。 警視庁などによると、12日午後6時前、新宿区袋町の住宅や店舗などの密集地で火事があった。

現場は都営大江戸線・牛込神楽坂駅近くで、火は3時間後に消し止められたが、アパート2棟が全焼した。 この火事で、30歳代から40歳代とみられる男性が死亡、60歳代の男性が煙を吸って喉にヤケドを負ったが、命に別条はないという。死亡した男性は、煙を吸った一酸化炭素中毒が死因とみられている。 警視庁と東京消防庁は、出火原因について調べを進めている。
----------------------------------------

昨夕TVのニュースで知りました。「新宿区で大きな火災が発生・・・」とアナウンスがあった瞬間に「神楽坂だ」と感じ心がザワザワしました。袋町といったら出版倶楽部のあたり・・。光照寺や地蔵せんべい、サルビアアトリエの外観が浮かんできます。

神楽坂は狭い路地が入り組み、木造住宅が密集しています。以前何かの資料で「神楽坂は地震には強いけど火事に弱い」と言うのを読んだことがあります。2007年の3月にはかくれんぼ横丁でも大きな火事がありました。

神楽坂に限ったことではないですが、築かれてきたものが一瞬にして消失するという喪失感は言葉になりません。ましてや亡くなった方もいらっしゃるのはいたたまれないです。拝啓父上様では、解体のため、お隣の大山さんの家に重機が入り、ガーン、ガシャーンと凄まじい物音を立て、昨日まであった建物を壊していく、というシーンがありました。「拝啓。父上様。神楽坂がこわれます。」と物悲しい語りが入ります。火事と解体は人為的であるかという点で同じでは無いけど、やりきれない虚しさを同様に感じるのでした。この火事で神楽坂の全てが無くなってしまった訳ではないので、また続けて神楽坂の魅力探しをして行こうと思います。


地図は袋町界隈です。

by kagurazaka-m | 2013-03-13 18:34 | 街並・横丁

光照寺

a0292705_1645173.jpg明日は大晦日。

牛込城跡に立つ浄土宗の寺院「光照寺」の除夜の鐘がまた鳴るのでしょうか。

「拝啓父上様」でも・・・
「2007年の元旦を、俺は一人でアパートで迎えた。地蔵坂にある光照寺から響く除夜の鐘が、神楽坂一帯に流れており」

「拝啓、父上様。除夜の鐘です」

と、登場します。

2012年ももう終わり。なんで2007年のドラマに夢中になってんだろうと、時々客観的になる時もあるけど、根が気楽なので、まーいーじゃん。と。

てなわけで、また来年!


by kagurazaka-m | 2012-12-30 17:04 | 神社仏閣

神楽坂 てまめ

a0292705_15522598.jpg神楽坂通りから地蔵坂を少し上がり、鳥竹さんの看板を中に入っていきます。ちょっと行っていいのかなぁ、と少しの「ためらい」感が起きます。でもそこを入っていく事が神楽坂には必要です。

奥には小さなお店が三件、「てまめ」さんは一番奥です。

お店のコンセプトは「心にともる手作りのものとめぐり会える場所」とのこと。

ハンドメイドのギャラリーでもありショップでもありカフェでもあります。作家さんに場所貸しをしてワークショップも開催しています。アイデアを全て実行している感じが素敵です。お店自体も手作りみたいだし。

a0292705_15523521.jpgこの日はmimiminotorinoさんの「しりとりあそび越冬隊」の展示をしていました。

フェルティングニードルで作られた可愛い動物(くま、カピバラ、ひつじ、パンダ)はフエルトのぬくもりと優しい表情で癒されます。


by kagurazaka-m | 2012-12-01 18:51 | 雑貨店・器・和装小物

ラ・ロンダジル

a0292705_2161682.jpg器のお店「ラ・ロンダジル」さん。古民家を改装したという建物は実に味わい深く素晴らしい。元は小唄のお師匠さんの家ですって。

一階は畳敷きで器を展示・販売しています。が、どれもおしゃれすぎちゃって、私には使う場面が想像できず・・。

「人とは違うのよ意識」の強い人が好みそう。(褒めてるんです。)

a0292705_2163960.jpg企画展も度々あるそうで、この日はお洋服の展示会でした。


門をくぐって飛び石を渡り、がらがらと硝子戸をあけるのは、ちょっと勇気が要ります。

でもって靴を脱いで上がって、階段でお二階にも行って。

ちょっとの勇気でとっても良い雰囲気を楽しませていただきました。

by kagurazaka-m | 2012-11-15 18:52 | 雑貨店・器・和装小物

サルビアアトリエで見かけた花


a0292705_20221810.jpg


a0292705_20264512.jpg


a0292705_20223551.jpg

風船みたい。かわいい。




by kagurazaka-m | 2012-11-10 19:34 | 街並・横丁

日本出版クラブ会館前の大きな樹

a0292705_22224323.jpg

地蔵坂を歩くと大きな建物「日本出版クラブ会館」があります。
その前面に大きなイチョウの樹があり、この地の説明があります。

要訳すると、ここは上野国大胡領主牛込氏の三代にわたる居館城郭の一部であったと。
で廃城のあとは、神田にあった光照寺が移転してきて、天文屋敷になったと。
そして、驚きなのが・・・

「明和二年、当時使われていた宝暦暦の不備を正すため、天文方の佐佐木文次郎が司り、この火除地の一部に幕府は初めて新暦調御用所(天文屋敷)を設け、明和六年に修正終了したが、天明二年近くの光照寺の大樹が観測に不都合を生じ、浅草鳥越に移転した。」

そう、その天文屋敷は浅草鳥越に移転した。
なんですって!!
で、調べました。
蔵前橋通りと江戸通りの交差点です。(今のなかうのところ!)

いろんな意味で狭いなぁ。江戸は。いや、私の関心事は。帰ってきちゃったよ。

a0292705_2222591.jpg続けます。

そして、この観測を邪魔した大樹(イチョウ)はと言うと、戦争中も水分量が多かったおかげで、大火をまぬがれたばかりか、樹の途中から違う植物を生やすと言う、みなぎる生命力を見せ付けるのでした。


by kagurazaka-m | 2012-11-08 18:21 | 街並・横丁

手焼せんべい 神楽坂地蔵屋

a0292705_20454848.jpg地蔵坂の可愛いバス停の看板が、おせんべいの地蔵屋さんです。

ざらめの割れせんべいを買って来ました。

後からHPを確認したら、店主(たぶん会計してくれたおばあさん)が75歳で開業したお店との事!驚いてしまいました。


a0292705_2046978.jpgおせんべいに対するこだわりも半端ない。すごいな。炭は備長炭、醤油は生醤油、昔ながらの製法。スナック菓子と違うんだという意気込みが伝わります。

確かに、美味しかったよー。


by kagurazaka-m | 2012-10-28 20:08 | 和菓子・洋菓子