人気ブログランキング |

昨日、神楽坂で・・

kgrzk.exblog.jp
ブログトップ

タグ:神楽坂3丁目 ( 37 ) タグの人気記事

THE ROOM 神楽坂

a0292705_13132071.jpg神楽坂通り、助六さんのお隣がずっと工事中でしたが、新しいビルが出来ていました。

コンクリート剥き出しの、オシャレな外観です。飲食店や物販店が色々入るんでしょうかね。楽しみです。



by kagurazaka-m | 2013-10-22 18:30 | 街並・横丁

神楽坂スタジオーネ

a0292705_143643.jpgかくれんぼ横町の中でも高級感の漂うクレールビルで、一度行ってみたかった「スタジオーネ」で食事をしてきました。

何を隠そう結婚記念日でして・・・。もう結婚生活は人生の半分にもなり、祝うという事をあえてしてみた訳で。照れ隠しというか、いうほどの事もない事を言ってるというか・・。さておき。

a0292705_145882.jpg黒塀の門をくぐれば、品のいい庭があり、鯉なんかもいます。このビルには飲食店が何店もあります。ビアガーデンもある「スタジオーネ」は、以前満席で今日はリベンジも兼ねています。

入店は二時ごろでした。ランチタイムのピークを過ぎたところでお客はまばらでした。でもテラス席は空いていなくて普通の席でした。10月なのに暑い日だったので、室内でよかったかな。

a0292705_152155.jpg前菜の盛り合わせは二皿に分けてくれました。カポナータにカルパッチョ、(洋風の)南蛮漬けにパテ、生ハムと柿、胡麻チキン。量も満足でどれもキレイで美味。

a0292705_1101214.jpgピザは半熟卵の乗ったカプリチョーザです。窯で焼いているので生地が香ばしく具が卵でトロトロで食べ応えがあって美味しかったです。他にもミラノ風カツレツも頼んだけど、さすがにもう写真を撮るのは大人げなくみっともなく思えてしまいましたので、ここまで。

お料理はおいしかったけど(値段も高かったけど)、なんとなくサービスのお兄さんが人数大すぎでノーネクタイのTシャツにジャケットが安っぽくて品がない感じが気になりました。ワインを頼んでもちっともこないし、こなれてない感じ。期待値が高かったために評価が下がるタイプのお店ですかね。

神楽坂のお店ではよく見るんだけど、この手のお店で一人ランチしている人やっぱりいました。まあ、私もよくしてますけどね。


by kagurazaka-m | 2013-10-14 18:30 | イタリアン

サンマルタン

a0292705_953745.jpg本多横町と軽子坂の角のサンマルタンは、青いテントと青い扉が可愛いらしく、小さな店内ですが、扉が開いていてオープンテラスのようでもあり、なんともおフレンチ〜な雰囲気です。






a0292705_953681.jpg
ランチは1000円でした。真鯛のポアレです。大きな鯛で、皮がパリッとしていて、付け合わせの茹で野菜が山盛りでとても美味しかったです。
別にサラダはつかなかったけど、私的にはこの一皿で充分でした。


隣席のカップルのインド旅行の話が面白くて聞き耳を立ててしまいました。若くて行動的な彼女の話しで、一人で食べていた私のお料理にもフレッシュさとスパイスが増したようです。




by kagurazaka-m | 2013-09-25 18:30 | フレンチ

エルブエイ

a0292705_17284255.jpgスペインバル「エルブエイ」は本多横町の「エルプルポ」の姉妹店だそうです。いつも混んでいるんですよ。

この日も早めの時間に伺ったのに「予約でいっぱいです」と一旦断られてしまって。でも「一時間ぐらいなら予約のお客さんが来るまでですみませんが」と、あきらめて外に出てからわざわざ声をかけてもらいました。

a0292705_1729662.jpgドライのシードルで独身の女友達と乾杯。お通しはスイカのスープ。グラスの縁の岩塩がスイカの甘さとマッチします。

a0292705_17293276.jpgうにのプリンは、食べれば食べるほどうにの旨味が増して増して増して、ずっとずっとずっと食べていたかったです。

a0292705_17295662.jpg香草ポークのいちぢくソース煮も、いちじくの甘みが効いたとっても柔らかいお肉でした。ソースをパンに付けてきれいに完食です。

お料理もお酒もとっても美味しかったけど、この日は夜の神楽坂をめぐる予定だったので時間制限があったのは返って丁度よかったです。



by kagurazaka-m | 2013-08-30 18:30 | スペイン料理

神楽坂 芝蘭

a0292705_2258079.jpg(PCをmacに変えたから今一投稿の仕方がわからないけど、試しにあげてみます。)

久々の神楽坂。雰囲気のあるかくれんぼ横町の本格四川料理「芝蘭」でランチをしてきました。事前調査によると麻婆豆腐と担々麺が推しのよう。この日も暑かったので「夏季限定特製冷やし担々麺」(1200円)をいただきました。

a0292705_22585783.jpg
冷やし麺というと冷やし中華的な平たいお皿だとばかり思い込んでいたので、普通のどんぶりで出てきた時「あったかいのでは・・」と勘ぐってしまいました。
まず一口、一番始めに感じたのは酸味です。酢の味がさっぱりとして辛さを押さえていて深い胡麻の風味を感じ易くしてくれます。スープも麺もキリッと冷えていて夏ならではの美味しさ。どんな担々麺もそうだけど、底に残った挽肉やナッツを箸で何度も何度も掻き上げて。で、面倒になってレンゲで掬うから結果スープを飲み過ぎてしまうんだな。軽く完食してしまいした。ザーサイとデザートの杏仁豆腐は食べ放題でした。
雰囲気の良い高級店、もっと色々な四川料理を食べてみたいので、次回は複数人で伺いたいです。


by kagurazaka-m | 2013-08-26 22:34 | 中国料理

芸者新道と「俺の賄いバール」

a0292705_21474946.jpg夕暮れ時、芸者新道に灯りがともり出す頃ってのは、なんともしっぽりとした雰囲気が良いんです。

a0292705_2148546.jpgお隣の「ハチイチレストラン」は趣のある一軒家の会席のお店で、散歩のついでに入るって感じじゃないんだけど、併設の「俺の賄いバール」は、気楽に入れます。実はここも去年ウォーキングの最中に誘惑に負けて入っちゃったお店。ワイン一杯とベリー系のソースのかかったフォアグラのパテをつまんできましたね。(やせるわけ無いわ。)

ハチイチレストランと中で繋がっていて、高級そうなアンティークのミシンが飾られていてテンションが上がったのを覚えています。


by kagurazaka-m | 2013-07-23 18:30 | 居酒屋・割烹

ザロイヤルスコッツマンの三叉路

a0292705_20401699.jpg神楽坂3丁目裏通りの三叉路「ザロイヤルスコッツマン」はスコットランド系のビアバーです。ギネスとかハートランドとか、フィッシュアンドチップスとか羊料理なんかも充実しているそうで、いつも賑わっています。

今回はお店のことではなくこのY字の鋭角な三叉路が「拝啓父上様」に登場していましたので・・・。

板前見習いの一平(二宮和也)が政界のドンの二号さんである老舗料亭の女将さん(八千草薫)から、正妻(森光子)と対決する直前に助けを請う旨の電話を受けたところでした。あたふたとこの三叉路を引き返してく一平の姿が印象に残っています。

でもそれよりも妾と正妻の「女の業の対峙」と「主を失った喪失感」が素晴らしく描かれていて、2大女優の抑えているのだけど迫力のある演技が圧巻でした。このドラマの見所の一つです。



by kagurazaka-m | 2013-07-19 18:30 | 居酒屋・割烹

神楽坂 ヤマダヤ

a0292705_20225278.jpg洋傘と帽子のお店「ヤマダヤ」は、明治10年の創業だそうです。洋傘を芸者さんたちが旦那衆にねだって買ってもらったという花街ならではのエピソードも。

店構えはいたって普通だけど、店内には目の揃った形の良いパナマ帽が並んでいます。パナマ帽って伊達男のアイテムですよね。着物の文士にありがちなスタイル。「和洋折衷」は神楽坂の街のイメージにもあてはまります。

お値段をみたら2万円からでした。伊達男も簡単にはなれないね。



by kagurazaka-m | 2013-07-17 18:30 | 生活のお店・ファッション

風雅スタイル

a0292705_15571525.jpg芸者新道の本多横丁寄り、少し奥まったビルの2階に「風雅スタイル」があります。

ただのカフェかと思ったら、和紙繊維製品のお店でした。和紙からできた糸でスカーフやハンカチ、靴下・下着などを製造し販売しています。植物生まれの和紙繊維は調湿性・抗菌性・消臭効果・UVカット効果がある優れた素材です。

もちろん、カフェと言うだけあって、お茶や軽いランチも出来ますし、スペース貸しもしているので、私が行った時は、つまみ細工教室をやってましたね。


a0292705_15573453.jpg夏用の靴下を買おうかと思ったけど、なんだか足の臭いに悩んでいるみたいでやめてしまった。あえて言うけど悩んでいないので。

で、買ったのは、たとう紙に包まれたタンポポ色の小さなハンカチ。なんと「あぶら取り和紙製ハンカチ」なんです。繰り返し洗濯しても効果が変わらないそう。和紙なのに洗える!これにビックリです。まだ使いはじめでごわごわして吸油効果は感じないけど、この夏頻繁に使ってみます。顔のあぶらには若干悩んでいるので、へへ。




by kagurazaka-m | 2013-06-19 18:30 | 生活のお店・ファッション

職人の手作り靴 ボブズフィットマーケット

a0292705_17421845.jpg神楽坂通りから別亭鳥茶屋方面へ曲がる角、見番横丁入り口という絶好の場所にある間口の狭い靴屋さん。この看板が味があって、職人気質風な感じを醸し出しています。

ここの靴は子牛、子山羊の他にも贅沢な素材を使い丁寧に作られ、軽く柔らかく足なじみが良いとの事。

気に入った靴は底を張り替えて何年も履きますわよ、私。ただ、なかなか気に入ったものに出会えないから、その場しのぎのものを買ったりもしちゃう。

ここの靴屋さん、とっても雰囲気は良いけど今のところはまだ試着もしたことなし。度々通ってみます。


by kagurazaka-m | 2013-05-28 18:30 | 生活のお店・ファッション