人気ブログランキング |

昨日、神楽坂で・・

kgrzk.exblog.jp
ブログトップ

タグ:横寺町 ( 4 ) タグの人気記事

うす沢 「青と紺と藍のカバン展」

a0292705_19341124.jpg器のお店「うす沢」さんで「カバン展」をやっていたので見てきました。手作りカバンデザイナーコムロトモコさんの作品展です。

個性的だけど、バランスの良い帆布バッグは、ブルー系統ばかりなのが新鮮です。帆布は薄手の物が生地を生かしたテトラ型でオリジナリティを感じます。ファスナーの革の引き手が長めでアクセントになっていました。



a0292705_19343167.jpgそれにしても、このうす沢さんの玄関の趣のあること。子供の頃に習っていたピアノの先生の家みたい。あ、あたしピアノなんて習ってないや。・・・。

でもなんか、懐かしいんだよな。なにを隠そう私はアスファルトの都会育ち。ここまでの緑はなかったなぁ。東京とは思えない。親の郷里のようだ。いや、漫画で読んだような世界か。きしんちゃんと通ったような気がする。

でもでも、ここは大都会、高層ビルや都庁でおなじみの新宿区なのだ。不思議な感じです。


a0292705_19344448.jpg朝日坂から、うす沢さんちにはいるアプローチもこんな感じ。

途中、尾崎紅葉の居住跡もあります。


a0292705_19345680.jpg庭先に蚊取り線香だもん。洗濯板の上に。



by kagurazaka-m | 2013-06-27 18:30 | 雑貨店・器・和装小物

レ ラ ド ビブリオテック

a0292705_2057759.jpg二月後半に「第二回レ ラ ド ビブリオテック」という本のイベントが開催されました。

神楽坂を本の街という視点で見て、また新しい街の魅力を発見できれば、という企画です。

確かに街に歴史があるし東京のど真ん中だからそこそこ文豪や文化人とのつながりもあるでしょう。

泉鏡花、尾崎紅葉、島村抱月、松井須磨子などは縁のある面々。

a0292705_20563271.jpg「うす沢」さんの<鏡花ナイト>なんて面白そう。鏡花にちなんだお料理がトークと共に楽しめるですって。出版倶楽部でのブクブク交換会なんても面白そう。私は人見知りなんで参加しませんでしたが・・。

それにしても「本の街」と言えば確実に神保町だし、文化人の街といえば、上野・浅草・御茶ノ水のほうがイメージが強いけどね。ただこういうイベントは続けていると、どんどんそれっぽくなっていくので今後次第といったところかな。

ま、私としては「神楽坂・本」ときたら・・。はいこれ、「拝啓父上様」に尽きるんですけどね。


地図は主催の「うす沢」さんです。

by kagurazaka-m | 2013-03-09 18:30 | 本・文学・人物

器・うす沢

a0292705_21241272.jpg朝日坂を上って、路地の先に器のうす沢さんがあります。ちょっと探して行く感じはワクワクします。

尾崎紅葉居住跡の案内板の先です。とっても入り難い雰囲気です。が、入ってみると、古いお宅の中は大正時代の趣(?)があふれています。戦前の大女優・入江たか子さんの旧居だそうです。

和とじ本の展示がありました。

器は温かみのある味わい深いものが多いように思いました。

イリコの箸置きと蟹爪の醤油挿しはリアルすぎて笑った!というか着物姿が美しい店主(奥様かな)が「笑ってください」とおっしゃったので、本当に笑いました。


a0292705_21243234.jpg器はなかなか簡単には買って帰れないけど、ここでは銀亭さんのパンも販売していると言うことだったので、ブルーベリのパンを買いました。
これがクリームチーズ入りで、おいしいの!

パンは季節的に暑い盛りは数を揃えられないけど、これからまた用意しますとの事でした。


by kagurazaka-m | 2012-10-31 17:21 | 雑貨店・器・和装小物

袖摺坂

a0292705_16325919.jpg都営大江戸線牛込神楽坂駅A2出口はす向かい。横寺町と箪笥町の間の小さな階段。

本当に二人歩くと袖が摺りそうな狭くて小さな坂(階段)です。

脇の石垣がいい感じのせいか、とっても情緒を感じるいい坂です。坂好きにはたまらないものを持っていると思います。

拝啓、父上様でも、一平とナオミが肩を寄せて歩いていました。


by kagurazaka-m | 2012-10-11 10:30 | 街並・横丁