人気ブログランキング |

昨日、神楽坂で・・

kgrzk.exblog.jp
ブログトップ

タグ:兵庫横丁 ( 2 ) タグの人気記事

神楽坂 おいしんぼ

a0292705_21135243.jpgあっというまに2013年です。

年明け第一弾は、実は暮の忘年会での「おいしんぼ」さんです。「昨日、神楽坂で・・」は昨日では無い事も多々あるわけで・・・。

さて、ここは何と言っても、兵庫横丁の情緒溢れる石畳の最高の場所。「拝啓、父上様」では、物語の舞台である高級料亭の「坂下」だったところです。

このお店の前を一平(二宮和也)は、水を撒いたり、車を回してきたり。トキオ(横山裕)は、酔ったお客と格闘したり。女将さん(八千草薫)は、本妻(森光子)をお見送りをしたりしたところです。


a0292705_21141548.jpg
こんな、好立地ですが、この「おいしんぼ」さんは、比較的敷居の低い和風居酒屋です。

ほの暗い和室は、畳とふすまと床の間。
コートは長押にハンガーをかけるパターン。
昭和の懐かしい室内です。
ガラス窓の向こうには坪庭も見えます。

「地鶏豆乳鍋」は皮目を焼いた鶏肉が香ばしく豆乳の優しい味とマッチしていました。このお鍋には湯葉も生麩も入っていましたね。冬は鍋がありがたいです。


a0292705_21465969.jpg「馬刺し三種盛り」は、前面左のオール白っぽいのが、馬の「たてがみ」だそうで・・・。初めて食べました。確かにあぶらぽいのだけど、牛脂ほどくどくは無く、歯ごたえもあり、噛めば噛むほど旨みを感じました。甘みのある麺つゆのようなつけダレに柚子胡椒をつけていただくスタイルでしたが、個人的には、おろしにんにくのほうが好みだったかな。

気のおけない仲間と居心地のいいお店でのお酒ですもの、なによりですよ。




by kagurazaka-m | 2013-01-02 17:12 | 居酒屋・割烹

兵庫横丁

a0292705_102659.jpg石畳が趣のある兵庫横町。

物書き旅館「和可菜」も神楽坂の象徴です。
向かいの料亭「幸本」さんも静かに佇み素敵です。

からんころんと石畳を歩く音が聞こえてきそう。

「和可菜」さんが物書き旅館と言われるのは、
寺山修二、野坂昭如、山田洋次、早坂暁、倉本聰などがこもって小説や脚本を書き上げた旅館だから。

「原稿用紙と鉛筆」だよなぁ、やっぱり。
パソコンは似合わないけど、若い作家さんも利用しているのかな。

さて、その向かい「幸本」さんと言えば、
先日放送のNHK「美の壷 石畳」に
女将が出てらしたけど、期待を裏切らず美人でした。
しっとり型というより。さっぱり型とお見受けしました。


ちなみに牛込城の武器庫(兵庫)があったことがこの兵庫横丁の名前の由来だそうです。


-----------------------------------------------------
by kagurazaka-m | 2012-09-20 00:59 | 街並・横丁