人気ブログランキング |

昨日、神楽坂で・・

kgrzk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:居酒屋・割烹( 11 )

和酒Bar 風雅

a0292705_20345871.jpg大江戸線「牛込神楽坂」からすぐ。でも路地の奥の奥、という心くすぐられる場所にあります。

「風雅」は民家の合間にあるんです。

これは玄関だけど、帰りしなに撮ったのでもう灯りが消えちゃって・・・。

築70年の古民家を改築しています。

扉を開けると、一枚板のカウンターです。お二階の席も開いているというので上がってみますと・・。



a0292705_20355432.jpgこんな感じとか・・


a0292705_20362314.jpgこんな、ザ・和風でございます。

二階は二人用の小さなテーブルがいくつかって。完全にデート用です。艶っぽいです。



a0292705_20364714.jpg和テイストなお酒が充実しているので、お酒に詳しい異性と来ると喜んでもらえそうです。

まっ、私は家庭持ちですので、女友達と楽しみます。一緒に来た独身の友達は、デートに使うと意気込んでおりました。

薫製のおつまみ色々が、また大人な感じ。雰囲気最高です。




by kagurazaka-m | 2013-09-10 21:00 | 居酒屋・割烹

芸者新道と「俺の賄いバール」

a0292705_21474946.jpg夕暮れ時、芸者新道に灯りがともり出す頃ってのは、なんともしっぽりとした雰囲気が良いんです。

a0292705_2148546.jpgお隣の「ハチイチレストラン」は趣のある一軒家の会席のお店で、散歩のついでに入るって感じじゃないんだけど、併設の「俺の賄いバール」は、気楽に入れます。実はここも去年ウォーキングの最中に誘惑に負けて入っちゃったお店。ワイン一杯とベリー系のソースのかかったフォアグラのパテをつまんできましたね。(やせるわけ無いわ。)

ハチイチレストランと中で繋がっていて、高級そうなアンティークのミシンが飾られていてテンションが上がったのを覚えています。


by kagurazaka-m | 2013-07-23 18:30 | 居酒屋・割烹

ザロイヤルスコッツマンの三叉路

a0292705_20401699.jpg神楽坂3丁目裏通りの三叉路「ザロイヤルスコッツマン」はスコットランド系のビアバーです。ギネスとかハートランドとか、フィッシュアンドチップスとか羊料理なんかも充実しているそうで、いつも賑わっています。

今回はお店のことではなくこのY字の鋭角な三叉路が「拝啓父上様」に登場していましたので・・・。

板前見習いの一平(二宮和也)が政界のドンの二号さんである老舗料亭の女将さん(八千草薫)から、正妻(森光子)と対決する直前に助けを請う旨の電話を受けたところでした。あたふたとこの三叉路を引き返してく一平の姿が印象に残っています。

でもそれよりも妾と正妻の「女の業の対峙」と「主を失った喪失感」が素晴らしく描かれていて、2大女優の抑えているのだけど迫力のある演技が圧巻でした。このドラマの見所の一つです。



by kagurazaka-m | 2013-07-19 18:30 | 居酒屋・割烹

CHICHUKAI UOMARU (チチュウカイ ウオマル)

a0292705_17122412.jpg神楽坂通り沿いの立地のいいお店「チチュウカイウオマル」は、落ち着いた神楽坂の雰囲気の中で珍しくにぎやかな居酒屋です。

居酒屋は沢山あるけど、それっぽく黒塀で覆ったりして雰囲気を作っているお店が多いように感じていましたが、ここはくたびれたサラリーマンがネクタイを緩めながらガヤガヤと明日の英気を養うためのお店のようです。

a0292705_17124565.jpg
店先に貝や魚を並べていて、美味しそうな雰囲気を醸し出しています。

店内も漁港・漁船を意識している作り。

テーブルも椅子もビールケースまではいかないけど簡易的なものです。

a0292705_17125835.jpg尿酸値を下げるという「まぐろサワー」を飲んでみました。アセロラサワーのような味です。効果のほどはまったくわかりません。

テーブルの上で網焼きするお通しの海老です。


a0292705_17131078.jpgホタテのブルゴーニュやカニクリームコロッケ、ホウボウのアクアパッツアなどを注文しました。美味しかったですけど、コロッケは中まで熱くなく、食事を運ぶ定員さんの手がずっとぬれていたのが嫌な感じがしました。うーん、この手のお店は御徒町や神田でも入ったことあって、そっちで十分かな。この大雑把加減は神楽坂じゃ残念になっちゃうな。

でも昼から飲めるし、陽の高いうちから飲んじゃおう!って時にはいいかもね。お値段が神楽坂価格なのが、さらに残念なんだけど。



by kagurazaka-m | 2013-01-28 18:11 | 居酒屋・割烹

神楽坂 おいしんぼ

a0292705_21135243.jpgあっというまに2013年です。

年明け第一弾は、実は暮の忘年会での「おいしんぼ」さんです。「昨日、神楽坂で・・」は昨日では無い事も多々あるわけで・・・。

さて、ここは何と言っても、兵庫横丁の情緒溢れる石畳の最高の場所。「拝啓、父上様」では、物語の舞台である高級料亭の「坂下」だったところです。

このお店の前を一平(二宮和也)は、水を撒いたり、車を回してきたり。トキオ(横山裕)は、酔ったお客と格闘したり。女将さん(八千草薫)は、本妻(森光子)をお見送りをしたりしたところです。


a0292705_21141548.jpg
こんな、好立地ですが、この「おいしんぼ」さんは、比較的敷居の低い和風居酒屋です。

ほの暗い和室は、畳とふすまと床の間。
コートは長押にハンガーをかけるパターン。
昭和の懐かしい室内です。
ガラス窓の向こうには坪庭も見えます。

「地鶏豆乳鍋」は皮目を焼いた鶏肉が香ばしく豆乳の優しい味とマッチしていました。このお鍋には湯葉も生麩も入っていましたね。冬は鍋がありがたいです。


a0292705_21465969.jpg「馬刺し三種盛り」は、前面左のオール白っぽいのが、馬の「たてがみ」だそうで・・・。初めて食べました。確かにあぶらぽいのだけど、牛脂ほどくどくは無く、歯ごたえもあり、噛めば噛むほど旨みを感じました。甘みのある麺つゆのようなつけダレに柚子胡椒をつけていただくスタイルでしたが、個人的には、おろしにんにくのほうが好みだったかな。

気のおけない仲間と居心地のいいお店でのお酒ですもの、なによりですよ。




by kagurazaka-m | 2013-01-02 17:12 | 居酒屋・割烹

神楽坂 椿々

a0292705_1856555.jpg大久保通り添い、牛込消防署の隣り「椿々」は、古民家を改造した居酒屋です。

大通りに面してはいますが、あえて脇の細い道から入るつくりは裏路地風です。

中はとても広くて、古い階段に柱、梁がむき出しで味わいのある建物です。

お料理は、よくある居酒屋メニューですが若者受けしそうな工夫が多々あり料金も良心的です。


a0292705_197160.jpgお刺身の4点盛り。お味噌をつけて食べる炙りしめ鯖がよかったです。

お店の売りの江戸前ビーフシチューは、半熟卵をとろりと混ぜてガーリックトーストでいただきます。

居酒屋ではめずらしくデザートを注文しました。炎のプリンは、テーブルで表面を焼いてカラメルを焦がしてくれました。


by kagurazaka-m | 2012-11-05 18:54 | 居酒屋・割烹

地酒喝采 かも蔵

a0292705_10191918.jpg神楽坂通りと大久保通りの交差する神楽坂上交差点のすぐ近く、雑居ビルの2Fの「かも蔵」さんは、日本酒が豊富に揃えられた居酒屋です。

店内は日本酒のラベルが壁一面に貼られ全国各地の名酒が取り揃えられているのが伺えます。

初めて行った時は、開店間際でお客さんも少なく、何を飲めばいいのか迷っていたら、日本酒の事ならなんでも知っているママが、お勧めや薀蓄を丁寧に教えてくれました。

ただ、次に行った時は週末で店内が大混雑、バイトのお兄ちゃんにお勧めのお酒を聞いても、声も届かないしポカーンな表情してるしで、ちょっとがっかりでした。

専門店でもあるけど、大衆酒場でもあるので致し方ないですね。

a0292705_10193510.jpg
お料理も工夫のされたお酒に合う美味しいものが多かったです。

写真はとり刺し三種盛りに、さといもの霰揚げ。

微発砲の日本酒をいただきました。


by kagurazaka-m | 2012-11-02 17:17 | 居酒屋・割烹

カド

a0292705_17513259.jpgカド」さんは赤城神社近くの裏道の木造の民家なんです。

通されたお部屋は、畳に座布団にお膳のスタイル。夏でしたがクーラーは無く扇風機でした。

日本の懐かしい良さを感じられるお店です。

この日は夜の三件目として伺ったので、おつまみ三種とお酒一杯のセット(1500円ぐらいだったかな)を。

立ち飲みスペースもあって、いつでも寄りたくなってしまいます。(これだから、神楽坂は1件じゃすまないのよ。)


by kagurazaka-m | 2012-10-19 02:50 | 居酒屋・割烹

竹子

a0292705_17392174.jpg竹子」は切り札だと思う。大好きです。

一見高級料亭風な店構えなのに、中はもうまんま大衆酒場です。ギャップ萌え、というのでしょうか。とっても楽しくなります。

ビールは180円でした、暑い盛りにはモヒートも300円未満。(ちょっとアルコールの気配が薄いタイプでしたが。)

お鮨と海鮮の盛り合わせ「げた盛り」もつまみにもなり、小腹も満たされ満足です。いくらの軍艦巻きかと思いきや、カッパ巻きの上にいくらが載っている、これが美味しかったです。

夕方五時から朝の五時まで。さすが!

神楽坂のおしゃれなお店の後に、竹子に連れて行ってくれたら、「なんて振り幅の広い人」と高感度UP確実です。私なら。


by kagurazaka-m | 2012-10-17 09:37 | 居酒屋・割烹

はじめの一っぽ

a0292705_0352737.jpg本多横丁にはいくつもの飲み屋さんがあるけど、ここ「はじめの一っぽ」さんは、外から店内が見えないので、興味津々でした。

よくお店の前で、「今日は満席で」と、お客さを断っているのも見かけていたし、店内がわいわいと楽しそうな雰囲気が漏れていて、入ってみたいな・・、と思っていたお店でした。

で、運よく予約なしで入れた店内は、カウンターでもすわり心地がよく、にんにくのお料理(牛ハラミのステーキや、さんまと焼きなすのガーリックマリネなど)はとてもおいしく、気が利く店員さんのサービスも絶妙で、気に入りました。

一人静かに、と言うお店ではなく、少人数でおしゃべりしながら、楽しい時間を過ごすのに向きます。

いつもデザートは食べないのでオーダーし忘れちゃったけど、「にんにくアイス」は食べてみたかったな。次回リベンジ。


by kagurazaka-m | 2012-10-15 10:30 | 居酒屋・割烹