人気ブログランキング |

昨日、神楽坂で・・

kgrzk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:フレンチ( 14 )

薪焼きKICCOLY

a0292705_21321487.jpg

ポルタの2階、初めてあがりました。ここKICCOLYはエイジングビーフのお店。枝肉を4週間じっくり熟成させて肉の旨味を十分に引き出すというもの。

a0292705_2132176.jpg
ランチのハンバーグです。肉の旨味、といえばそうなのかも?ちょっと肉肉したクセがあって、ハンバーグは固いタイプ。ナイフが入らないぐらい。焼いているというよりゆでているような食感です。こういうものなのかな、エイジングビーフって。どうもハンバーグは家庭的なツナギ多めのふわふわ系が好きなもので。これにサラダとコーヒーがついて1000円でした。



by kagurazaka-m | 2013-11-18 18:31 | フレンチ

サンマルタン

a0292705_953745.jpg本多横町と軽子坂の角のサンマルタンは、青いテントと青い扉が可愛いらしく、小さな店内ですが、扉が開いていてオープンテラスのようでもあり、なんともおフレンチ〜な雰囲気です。






a0292705_953681.jpg
ランチは1000円でした。真鯛のポアレです。大きな鯛で、皮がパリッとしていて、付け合わせの茹で野菜が山盛りでとても美味しかったです。
別にサラダはつかなかったけど、私的にはこの一皿で充分でした。


隣席のカップルのインド旅行の話が面白くて聞き耳を立ててしまいました。若くて行動的な彼女の話しで、一人で食べていた私のお料理にもフレッシュさとスパイスが増したようです。




by kagurazaka-m | 2013-09-25 18:30 | フレンチ

ビストロ ポンヌフ

a0292705_2221479.jpgJR飯田橋駅を神楽坂とは反対の方向に出てすぐです。「ポンヌフ」という新しい橋という意味のビストロは、テラス席が心地良さそうで気になっていました。

でも、さすがに暑すぎて!テラス席はあきらめて涼しい店内へ。中はとても広く壁面にはワインがずらっと並んでいます。この写真を撮った私の背後がワインの壁。こっちじゃなくて後ろを撮るべきだったんだよなー。で、やっぱりここの特徴のテラス席を撮るべきだったんだよなー。ま、いっか。


a0292705_22212137.jpg1500円のランチは肉料理か魚料理が選べて、サラダとデザートとドリンク付です。私は肉食系なので「アグー豚」を、一緒に行った旦那は「すずき」をチョイス。

a0292705_22213490.jpgフルーツのゼリー寄せも含めお料理はとても美味しかったです。けど、休日のランチ時、お客さんが全然いなかったのが変な感じ。コスパも良いし、カナルカフェが混んでたら、こっちでもいいと思いますよ。


by kagurazaka-m | 2013-07-25 18:30 | フレンチ

ビストロ・ド・バーブ

a0292705_21165721.jpg牛込中央通の「ビストロ・ド・バーブ」も神楽坂を調べていると良く目にする店名です。コスパと味が良いよいと評判でした。

週末ランチは前菜・メイン・デザートで1600円でした。

神楽坂のランチとしては妥当かなと言う価格ですが、量が多くて美味しかった!これが評判の元なんですね。



a0292705_2117521.jpg
前菜は白レバーのムースを選びました。濃厚で味の良いムースはそのままよりパンにつけたほうが断然美味しいんです。

ちなみにとなりはデザートのオレンジのジュレです。


a0292705_21171784.jpg
メインは子羊の煮込みを選びました。ぜんぜんくせを感じなくて柔らかくって、ボリューミーで。なるほど味と量が売りな訳です。付け合せのポテトが揚げたてでアツアツのホクホクでこれも煮込みのソースと相性が良くて、完食です。

私のテーブルから厨房が見えたんだけど、シェフは赤いTシャツにヘアバンドをしていて汗だくのガテン系でした。シェフというよりはラーメン店主のようでした。

ちなみに厨房が見えたこの席は、たぶんお店で一番良くない席だったと思う。一人ご飯で良い席は期待できないものだけどね。でもビストロという庶民的なフレンチで、内容が良いんだったら席のことなんて許されるんでしょう。



by kagurazaka-m | 2013-06-15 18:30 | フレンチ

AGARIS アガリス

a0292705_1864278.jpg毘沙門天前のお茶屋さん「楽山」さんの脇路地を入りそのすぐ地下のお店「AGARISアガリス」でランチを食べてみました。

「め乃惣」さんのほうへ向かう良い感じの路地です。

京都懐石出身の女性シェフによるお料理です。店の前のチラシには契約農家の案内もあります。三浦大根・紫人参・白舞茸など生産者さんのお名前も入っています。それだけ使っているお野菜に自信があるということなのでしょう。

Aコースはブロッコリーのキッシュと、かぶとごぼうの炊き合わせに一番だしのジュレの乗った前菜に、桜海老とアスパラガスのチーズリゾットをいただきました。1000円です。

a0292705_1815537.jpg春なのに肌寒い日だったので、熱々のリゾットが嬉しかったです。食材はちゃんと春野菜だし見た目もきれい。ドリンクもつきますがサングリアが選択肢にあるので、ちょっとアルコールが欲しいときには嬉しいですね。
私はデザートは食べないのですが、楽山さんのほうじ茶を使ったものがあるようです。時々ほうじ茶の香ばしい香りがプーンと漂っていました。


by kagurazaka-m | 2013-04-22 18:30 | フレンチ

ル・ロワジール

a0292705_20172216.jpg神楽坂通りに面している1Fのお店だけど路面にはフーズカーデンというお芋屋さんがあって入り口がちょっとわかりにくい場所です。表通り沿いにメニューが出いたのでビルの奥に進み入ってみることに。

店内に入ると、上品そうな女性客ばかりでした。店内はそんなに広くはないけどこぎれいで良い感じです。


a0292705_20173973.jpgランチはずわい蟹とアボカドのサラダの前菜と、ハーブ三元豚ロースのポワレのメイン。アボカドのサラダは、蟹はあまり感じなかったけど酸味の強いドレッシングでアボカドをたっぷりさっぱりと頂きました。

メインのポークは1.5cmぐらいの厚さがあったんじゃないかな。ボリューム満点。カリッと香ばしく焼いてありました。お腹一杯、満足いたしました。


by kagurazaka-m | 2013-04-20 18:30 | フレンチ

ル ブルターニュ バー ア シードル

a0292705_18461856.jpg芸者新道に去年の秋にオープンした「ル ブルターニュ バー ア シードル」は毘沙門前のガレットのお店「ル ブルターニュ」の系列です。

工事中から何が出来るんだろうって思っていたところだったので、素敵なお店で嬉しい。

元料亭を改装したという造りは、趣きがあって神楽坂っぽいです。

奥様の週末ランチにお勧めです。

a0292705_18463793.jpg店内も広すぎず、和洋折衷の落ち着いた雰囲気。

和風建築のガラス戸を引いて入り、靴のまま上がります。障子で仕切られているけどカウンターもあって。大人っぽい静かなお店です。

a0292705_1846508.jpgランチは2800円と3800円。シードルが3種類もつくのでお酒を飲む人にはお得かな。

さやかですっきりとしたシードルって、なんか飲むと若返る気がする。もちろん気だけだけど。

京人参のスープ、美味しかった。

a0292705_1847691.jpg「有機野菜の盛り合わせ 豆腐クリームとパリパリのガレット」豆腐クリームがちょっと白胡麻風味がして益々健康によさそう。

この他に貝料理とデザートがつきましたが写真は撮り忘れちゃった。


by kagurazaka-m | 2013-03-17 18:30 | フレンチ

俺のフレンチ

a0292705_19593125.jpgごめんなさい、行った事のないお店です。

メディアでも良く取り上げられていますね。本格フレンチを破格の値段で食べさせてくれるお店だそうです。立ち食いなんですよね。

神楽坂からは少し離れたところにありますが兎に角店前は大行列で、店内も大混雑。外からでもその活気が見えます。小さなテーブルで立食じゃ、お皿とか落としそう。って行った事ないけど心配しちゃう。多少高くても落ついて食べたいなぁ、って思うのはおばさんの証拠かな。

予約もできるみたいだけど、すでに今月は一杯ですって。こういう業態って流行り廃れがありそう。いつまで続くのかな。流行ってる時には行けそうもなく楽々行けたときはブームが終了してそう。


by kagurazaka-m | 2013-03-07 18:30 | フレンチ

フレンチ前菜食堂 ボン・グゥ 神楽坂

a0292705_20385036.jpgメディアでよく紹介されている「ボン・グゥ」さん。なんとなく大きいお店のイメージだったので外からの入り口がわからず、何度も通り過ぎていました。


a0292705_2039588.jpgボングゥランチをいただいて参りました。

「前菜食堂」と名乗るだけのことはありますね、この前菜のお野菜の量と種類。わー、と声を出してしまいました。

a0292705_20391856.jpgそして野菜のスープにメインのタルトフランベ。

タルトフランベというのは、アルザス地方のフランス風のピザの事だそう。本日のタルトフランベ「柚子胡椒風味のサーモンマヨネーズと淡路玉ねぎのタルトフランベ」をいただきました。

スープの中の焼いたかぼちゃといい、タルトフランベの玉葱といい、やっぱり野菜が美味しいです。ボリュームも満点です。


a0292705_20393118.jpgこの野菜高騰のおり、なんとこのランチ、1000円でございます!
人気なわけだなー。

店内も白を基調とし大きな窓を取り入れた明るく清潔なつくり。客層はカップルあり、友達あり、若い親子あり、年配の親子あり、そしてお一人様ありと様々。ひねくれた私でもこのお店が人気なのがわかります。

スパークリングワインの先に、カップル、いいねぇ。

お腹が一杯になったので、神保町まで歩きました。本屋街でふと手にしたグルメ雑誌にもここが載っていました。


by kagurazaka-m | 2013-02-17 18:37 | フレンチ

ラ・カーブ・イデアル

a0292705_20155232.jpg神楽坂通りを上がってくると、ウッドデッキのワインのお店「ラ・カーブ・イデアル」があります。気になるお店でした。

ここは南仏ワイン(ラングドック地方)の輸入販売をしているところです。私が食事をしている途中にもワインを買いに来たお客さんがいました。好みと予算を聞き丁寧に応対されていました。

a0292705_20161049.jpg前菜に鴨の燻製サラダを。これにあわせたロゼワインをグラスでいただきました。ロゼを飲むのは久しぶりです。確かに、合っているようですっきりとさわやかでした。

a0292705_2017980.jpg本日のスープはきのこのポタージュ。濃厚でとても深いお味でした。食事の一品として納得です。メインは鯛です。お箸も出されたで食べ易かったです。この日は一人だったのでワインは一杯で止めましたが、折角のワインに合うお料理なんだからもっと飲んじゃえばよかったかな、なんて思ったのでした。

それにしても、我ながらすっかり食事を写メる不粋な人間になったなぁと省みますが、百聞は一見にしかずだし、これも時勢ってことで何卒ご容赦ください。そして自分を納得させるのでした。


by kagurazaka-m | 2013-02-05 18:14 | フレンチ